リアディレーラー変速調整を行いました。(ハンガー調整)

2014年11月26日

変速の不調には、
基本的に、ワイヤーの緩みからくる不具合が多いです。

その他には、転倒したりディレーラーを壁や地面にぶつけてしまうと、
ハンガー(リアディレーラーを固定している金属部分)が曲がってしまいます。
この場合、ハンガー調整を行います。

専用工具↓(Parktoo製 品番:DAG-1)

まず、ネジを緩めリアディレーラーを外します。

そのネジに、専用工具を取り付けます。準備完了です。

続いて、
工具の柄を上下左右に動かしながら、メモリを見ていきます。
ホイールの上側は、11cm位…

下側は、9cm…  2cmズレてしまっています。この僅かなズレが変速に影響します。

均等になるように、ほんの少し曲げます。

ハンガーは金属なので、
繰返し曲げると強度が落ち、破損にもなりますので、
慎重に作業を行う必要があります。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP