The Mechanic

2014年09月28日

出荷までの流れをご紹介!

このように、ダンボールに梱包されて入荷します。

フレームがしっかり保護されています。

ダンボールから出します。
この状態から、緩衝材を外して組み立てていきます。

完成したら、シフトワイヤーを張った状態にしておきます。
特に、初期に起こりやすいワイヤーの伸びを出しておき、
翌日、トルクの再点検を行い、出荷の流れとなります。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP