The Mechanic

2014年09月08日

ハンドル、STIを取り付けた状態から
ワイヤーを取り回していきます。

ブラケットを半分めくると、穴がありますので、
ブレーキアウターと、Di2のエレクトリックワイヤーを通していきます。

位置を決めて、ビニールテープで固定していきます。
またこの際、エレクトリックワイヤーのSTI側は、少し弛ませておきます。

このようになり、
この後、ワイヤーをカットしながら、
フレーム側の調整をしていきます。

ワイヤーの長さを決めていくとき、
長すぎず、短すぎず、
適度な長さにしていくのが大事です。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP