The Mechanic 2014/4/22

2014年04月23日

ブログをご覧頂ありがとうございます。
今日は、ホイールのスポーク修理について。
ニップル、スポークは経年劣化によって、
1本1本のスポークの張力にバラつきが生まれ、
ホイールの歪み、また破損が発生します。
ぶつかってしまったら、問答無用ですが。。
ホイールは、特に横からの衝撃に注意が必要です。

まず、ホイールを振れ取り台にセット。

ニップルのサイズに合ったニップル回しを用意。

折れたスポークと同じ長さのスポークを準備。今回は290mmを使用。

ホイールをクルクル回します。ここが左に振れている。

振れの最大の所に、マーキングしておく。

あとは、ニップル回しを使い、1/2回転か、1/4回転か、1/8回転か…微調整に入ります。
複数のニップルを回して、全体のバランスをとっていきます。
経験がものを言う作業です。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP