The Mechanic

2014年06月24日

シフトやブレーキのワイヤー調整後、
不要分のワイヤーを切り落とし、
その後、インナーキャップを付けます。
ワイヤーのホツレを防ぐことが主な目的です。
シフトの再調整や、インナー交換の際にホツレていると不便ですし、
指に刺さり、怪我の原因にもなります。

インナーキャップにも2つのサイズがあります。

ブレーキはシフトよりワイヤーが太く出来ているので
大きい方を使います。

フロントブレーキ

リアブレーキ

フロントディレーラー

リアディレーラー

ニッパーで軽くかしめておくと、簡単には取れないので良いと思います。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP