【全国対応】おすすめ中古商品 Cannondale SLICE HI-MOD ULTEGRA 6700MIX

2015年06月14日

ハワイ・アイアンマン・ワールドチャンピオンシップのトライアスロンレースではを女子部門のコースレコードを記録。
2010年ジロ・デ・イタリアではチームタイムトライアル制覇&総合優勝をもたらしたトライアスロンフレーム Cannondale SLICE HI-MOD 完成車のご紹介です。

振動吸収性と剛性のバランスがレースでの好成績につながっている言えます。ここ数年の「トライアスロン・ブーム」は収まるどころか、さらに過熱している様に感じます。
スイム・バイク・ラン の3種のレースをたった一人でおこなうトライアスロンレース、初めの「スイム」と最後の「ラン」は自分の体力のみが勝負に直結します。
トライアスロンの真ん中のレースの「バイク」のみ機材を使うことができます。いわゆる「トライアスロンバイク」に属する専用のバイクを使用するのが一般的です。

トライアスロンのレースでは他の自転車競技で使われる「風よけ/ドラフティング」が禁止されています。そのため風の抵抗を受けにくい前傾姿勢で常時走行が可能となるDHバーを搭載し、
且つ空力性能を高めたトライアスロンバイクを使用してレースに臨むのが一般的と言えます。

Cannondale SLICE HI-MOD 完成車は、ズバリ「はじめてトライアスロンバイクにおススメの1台」です。



CNTテクノロジーを採用することで、複雑な形状なが222gという重量に抑えられており、レース中の振動吸収もカーボン製ハンドルで抜群の性能を発揮します。

納車時は、BONTRAGER のアルミローハイトのクリンチャーホイールが装着されていますが、ハイトの高いエアロホイールで決めればばっちり決まる事間違いなし!です。



搭載コンポーネントは、SHIMANO ULTEGRA/アルテグラ 6700 10スピード(FDのみ105シリーズ)です。最新の11スピードコンポーネントではありませんが、
急な坂道などがないトライアスロンのバイクコースでは、あまり気にする必要はないと思いますし、ULTEGRAコンポの性能は申し分ありません。

レース中の水分補給に便利なサドル用のボトルケージマウントも装着されており安心してご使用頂けます。

東京都渋谷千駄ヶ谷のCRAWN GEARS店舗では実車のご確認も可能となります。
この自転車の「適正身長」や「その他ご質問など」がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

商品ページはこちら→

フェイスブックも毎日更新中!
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP