「最初の一台」に足る安定感とロードバイクらしさTREK 2016年モデル 1.2

2017年12月14日

わたしのロードバイク最初の一台は中古で購入したGIOS「AIRONE(アイローネ)」というクロモリロードでした。
それまではクロスバイクを乗り回していたのですが、だんだんと速く走る事に興味が向き、思い切って乗ってみたロードバイクは期待以上に機敏な走りで
その感動は期待以上のものでした。

その後カーボンのバイクも購入して現在に至るわけですが、今も変わらず自転車を楽しめているのはこの最初の一台の与えてくれた「感動」が大きかったから、と今も思います。
ちなみにわたしのバイクについていたコンポーネントは3300番の「SORA」。今のSORAと違ってワイヤーリリースレバー(右手だとシフトアップのレバー)が親指側に着いたタイプでしたが
ブラケットを握ったまま操作できるシフトレバーに「ロードバイクに乗っている・・・」感を強く感じたことをよく覚えています。

今回「ちょっとだけインプレ」をさせていただく中古ロードバイクは
TREK (トレック) 2016年モデル 1.2 H2 Compact SORA 3500 サイズ52 (170-175cm) 完成車

https://www.crowngears.com/item/3717003505087

9速の3500 SORAを搭載したTREKのアルミエントリーロードバイクです。
ロードバイク界をリードする「TREK」がロードバイクの入り口として送り出したエントリーロードの乗り味、体験させていただきます!

クリートをキャッチして、日一日と寒くなってゆく気がする12月の街に漕ぎ出します。
まず感じるのはソフトな乗り心地。加速感もソフトな感じ。過激なところがなく、手の内に収まる感じがします。

例によって信号に引っかかり、発進停止を繰り返すことになりますが、シフトアップ、シフトダウンのフィールもソフトな感じ。
SORAのシフトフィールは105、アルテグラと比較するとストロークこそ長いのですが、操作自体は確実に決まる感じ。安心感があります。



新宿駅南口の跨線橋ののぼり。ダンシングしながら加速します。
それまではひたすら安定した感じであったこのバイクですが、ハンドリングは多少クイックな感触。多少思った以上に曲がりこむ感じ。
登りでダンシングをしてみると振りの反応は多少ゆったりとしています。
振り回すよりはシッティングで力をかけてゆくと伸びていくタイプのように感じます。




そしてブレーキの感触も良好。SHIMANO BR-R650というグレード外のブレーキですが、安定した制動感でした。


エントリーアルミロードではありますがUCIマーク付です

良好な乗り心地。ロードバイクというものに慣れるには適度な乗り味。それでいてロードバイクらしい機敏なハンドリングも味わえる。


SORAのシフトフィールは良好。ストロークは大きめだが確実な作動感触でロードバイクが初めてという方にも操作しやすい。
ブレーキも良好な効き。街中でも安心。

クロスバイクからの乗り換えや、
まずはロードバイクというものに乗ってみたい、という方の最初の一台にぴったりではないでしょうか?

店頭に展示してありますのでご来店いただければいつでもご覧いただけます。

TREK (トレック) 2016年モデル 1.2 H2 Compact SORA 3500 サイズ52 (170-175cm) 完成車のご購入は
こちら>>https://www.crowngears.com/item/3717003505087

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP