The Mechanic 2014/4/9

2014年04月09日

今回は簡単なブレーキ調整について。

自転車に長く乗ると、タイヤやブレーキシューは消耗します。

ブレーキシューが消耗すると、
リムとシューの間が広くなります。
結果、ブレーキの握りが柔らかくなります。
これは、急停止するときの制動性が落ちる危険も出てきます。

そこで、
握りの柔らかくなったブレーキの、誰でもすぐに出来る調整方法です。(工具不要)

フロントブレーキ

リアブレーキ

それぞれグロメットが付いていると思います。
これを回しワイヤーのテンションを調整します。

柔らかくなったブレーキを硬くしたい場合、
反時計回り に回します。(テンションが上がる)
以上です。シンプルで簡単です。

握りの硬さも個人差があるので、
イジって調整してみて下さい。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP