カンパニョーロ製クランクの固定を行いました。

2015年04月06日

『カンパニョーロ製クランクの固定を行いました。』

カンパ製のクランクは、シマノ製のものとは構造が違います。
カンパの場合、BB内部中央で左右のシャフトをボルト固定します。この構造がULTRATORQUEシステムです。
シマノの場合、主にシャフトがドライブ側と一体になっており、反ドライブ側でボルト固定します。

クランクの内部中央が空洞になっています。

カンパ専用工具を連結し、リーチを長くした状態で、トルクを掛け固定します。

フェイスブックも毎日更新中!

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP