やさしいハンドリングの素直なレーシングフレーム SUPERSIX EVO 105-5800 11S

2017年12月24日


2015年モデル SUPERSIX EVO スーパーシックス エボ 105-5800 11S サイズ52(171-176cm) 完成車

こんにちは
すこし間が空いてしまいましたが中古ロードバイクちょっとだけインプレッション今回もお付き合いください。

本日のバイクは 2015年モデル SUPERSIX EVO スーパーシックス エボ 105-5800 11S サイズ52(171-176cm)
https://www.crowngears.com/item/3717004346269

キャノンデールのフラッグシップと言えば高弾性のハイモジュラスカーボンを使用した「SUPERSIX EVO Hi-Mod」。
それに対しこの「SUPERSIX EVO」はそれより少し柔らかめのカーボンを使用したモデルです。
しかしながらフレーム重量は970g以下とそれなりに軽量。形状はキャノンデールらしい端正なホリゾンタル形状。

暮れも押し迫りつつある明治通りを新宿方面へ走り出します。

まず伝わってきたのは素直でやさしい加速感。
「爆発的な」という感じではありませんがペダリングに合わせて過不足なく加速してくれる感じです。

ペダリングも十分に軽く、気落ちよく走れます。
粒の粗い荒れた路面を通過しても、振動は伝わってくるものの、角の丸まったもの。このへんはいかにも「カーボン」といった感じです。

そのまま巡航態勢に。少し重めのギアでトルクをかけてみると、伸びのある走行感。
ペダリングに込めた力を柔軟なフレームが一度吸収し、増幅して後輪に伝えてくれる。そんな感じで「走ってくれる」フレームです。
振動をカットして疲れないというだけではなく、バイクのほうから伸びてくれる(感じがする)。この巡航感はとても快適です!

新宿駅南口の上りをダンシングで上ってみます。
このバイクのフレームは丸チューブをメインとしたもの。そのせいかとても振りやすい!
しかも手の内に収まる感じでどんな乗り方でも許容してくれそうです。



ハンドリングも過敏なところはなくそれでいながら鈍いという事もない「ちょうどいい」ものです。

コンポーネントは105 5800。
シフトフィール、制動感とも良好なもの。安心して乗る事が出来ます。
クランクはFSA GOSSAMER 170mm 52-36T。この個体に関してはフロントのシフトフィールもなかなか良好なものでした。



SHIMANO WH-RS11という決して軽量とは言えないホイールを履いた現状でも8.1kgという重量。
少し軽量なホイールに換装しただけでさらに軽快な走りになりそうです。


フォークのコラムも多く残っています。よりレーシーなポジションも可能。

とても素直な乗り味ですが、快適性一辺倒という事はなくフレームの特性を生かして「快適に速く」走れそうなロードバイクです。
強烈な個性はありませんが・・・

強度強めのサイクリングで長距離を高い平均時速で走り抜けたいという方、
さまざまなステージに対応できるバイクをお求めの方にマッチしそうです。

こんな魅力的なロードバイクが¥147,900(税込)※2017年12月26日現在

店頭に展示してありますのでご来店いただければいつでもご覧いただけます。

2015年モデル SUPERSIX EVO スーパーシックス エボ 105-5800 11S サイズ52(171-176cm) 完成車のご購入は
こちら>>https://www.crowngears.com/item/3717004346269

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP