永遠の輝きを放つステンレスフレームとRED22&ENVEが融合した究極のシンプル&ラグジュアリーマシンがここに。

2015年01月15日


超希少!Columbus Xcrと言う名のステンレスフレームを使用した MULLER(ミューラー)MXC SRAM RED22 ENVE 完成車のご紹介です!

日本のブランドMULLER(ミューラー)。
カーボンが主流となった今。
改めて金属の持つ潜在性能美しさを引き出すことで新しい付加価値を生み出しています。

シンプルで飽きが来ないということ。
乗るほどに愛着が深まるということ。

そして、本物であるということ。

伝統的な素材を使いながらも新しいアイディアや技術を盛り込むことであらゆる状況下において快適に走ることを約束するMULLER(ミューラー)のフレームは、厳選したマテリアルを使い、職人の誇りが詰まったフレームを製作しています。

今回の一台は、MULLER(ミューラー)のなかでも珍しい金属となるコロンバス社のXCR ステンレスチューブを使用した MXC。
オーダーしても1年以上掛かる場合もある希少なフレームです!

コロンバス-XCRステンレスチューブはクロモリに比べ高耐久腐食に強く錆びません!
軍艦作成の為に開発した、海水でも腐食しない表面処理をしたステンレススチールが元になった男子にはたまらないミルスペックな一面も。

正に一生モノのバイクのひとつではないでしょうか。

『シンプルxシンプルxシンプル』
MULLER(ミューラー)の素材を生かしたシンプルな美しさ。
ENVE(エンヴィ)が醸し出す無骨で精悍なシンプルデザイン。
SRAM(スラム) が新たに生み出した レバー1本のみで行なえるシンプル変速操作”ダブルタップ”
3つの掛け合わされたシンプルが洗練された雰囲気と上質な走りを。そして優れた操作感による爽快さが他では味わえない特別な一台に仕上がっています!

そして、MULLER(ミューラー)が求めた美しさとシンプルさにあわせたアッセンブルも見逃せません!
アメリカのSRAM(スラム)社 のトップモデルとなる RED(レッド)22で組まれシンプルを極めたダブルタップ機構の直感的操作感がウリです。


そして、人気のパーツブランドENVE(エンヴィ)でまとめられており
ここにもシンプルさが際立ち精悍な出で立ちに仕上がっています。
マットブラックなENVE(エンヴィ)の質感とステンレスフレームの放つ輝きが融合されたシンプルさと性能を極めた雰囲気があります。


さらにクランクには スペインのパーツブランド ROTOR(ローター)限定クランクを装備。

ROTOR(ローター)はスペイン・マドリードを拠点に、高度な切削技術と産学共同で進める技術開発が融合したバイクコンポーネントブランド。

ペダリングの力を最大限発揮する、画期的なチェーンリング Q-RINGS(キューリングス)を開発。
高剛性・超軽量クランク”3D-CRANKシリーズ”など、特徴ある製品をラインナップ。
ヨーロッパプロチームにも積極的に採用され続け、3大ツールをはじめ、世界選手権、クラシックレースなどのタイトルを獲得しています!

その中でも今回のクランクはスペシャルモデル。
その名も『ROTOR 3D CRANK COBO SPECIAL EDITION』
普段は黒いアルマイト処理されたクランクを、スペインのレース ブエルタ・ア・エスパーニャの優勝者『ファンホセ・コーボ』記念として国内では20セットのみ展開された超希少パーツなのです!

A7075アルミをCNC加工し、高い剛性と軽量性を兼ね備えたクランクに楕円のチェーンリングを装着。
効率的な円運動を可能にし、人間の持てるポテンシャルをバイクへとつなげるパーツも組み合わされた自転車を速く走らせることを追い求めるアイディアが詰まったパーツも盛りだくさんです!

詳しい商品ページはこちらから⇒

フェイスブックも毎日更新中!
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP