シフトワイヤー通し

2015年07月27日

『シフトワイヤー通し』

〇カーボンフレームの特徴の一つ
近年のカーボンフレームはワイヤー類の取回しが内装となります。例えば、写真のように、シフトワイヤーがダウンチューブ内に入ります。

〇取付
シフトワイヤーは、ダウンチューブ上側の穴から通し、BB下から出る仕組みになっています。このBB下の穴が狭く、ワイヤーを出すのが難しい作業となります。

〇ポイント
ワイヤーが湾曲していたり、先がほつれていると、通しにくくなります。またワイヤーは磁気があるので、マグネットをBB下で構え、ワイヤーを捕まえ引っ張り出すのも良い方法です。


フェイスブックも毎日更新中!

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP