弊店クラウンギアーズの店頭には多くの中古完成車が並んでいます。
中でも入口横のテラスに展示されているのがだいたい20万円以下のロードバイク。

ここに展示してある商品は開店時に店内より運び出して展示されるわけですが、中には「おおっ」
と驚くほど軽いものもあります。
勿論軽さがすべてというわけではありませんが、とりまわし、スタート加速、上りなどわかりやすいファクターであることも事実です。

というわけで目についた10万円台完成車の重量を調べてみると・・・


Cannondale (キャノンデール) 2015モデル CAAD10 105 5800 11S サイズ50(167.5-172.5cm) 完成車
128,000円にして8.0kg

RIDLEY (リドレー) 2016モデル LIZ リズ 105-5800 11S サイズXXS(166-171cm) 完成車
128,000円にして8.1kg・・・・

そしてこの一台
COLNAGO (コルナゴ) 2013モデル CLX3.0 ULTEGRA 6700 10S サイズ48
価格は上の二台と同じ128,000円。そして重量は驚きの7.9kg!
https://www.crowngears.com/item/3717004784252

今回はこのイエローも鮮やかな一台、2013モデル CLX3.0一台を取り上げてみようと思います。



フォークにちょっと塗装欠けがあるものの、目立つような傷もなくほぼきれいなこの商品。
さっそくサドル高を調整しまたがってみます。何をするにもとにかく軽い!
決して軽くはないWH-R500というホイールを装着していながらこの軽さなので、ホイールをもうちょっと軽いのにしたら・・・
一気に7キロ台前半も狙えそうです。

いつも通り明治通りを新宿方面へ。
軽い感じの加速感。抜群のレスポンス!という感じではありませんがすーっと軽く速度が上がって行きます。
ハンドリングは落ち着いた感じ。きょろきょろする事もなくペダリングを受け止めてくれます。
入力を効率よく速度に変換してくれる印象があります。

乗り心地は良好。路面の荒れを軽くいなしてくれる感じです。

軽く上りつつ巡航態勢に。
良好な振動吸収性を感じますが、ふにゃふにゃというわけではなく、ぐいぐいと重めのギアを踏んでみてもしっかり受け止めてくれます。
硬さはあまり感じません。軽やかでありながらしっとりとした感じ。

上りにさしかかっても印象は変わりません。
ゼロからの発進加速は軽さを生かしてすっと出て、ある程度速度が乗ってからは乗り手のペダリングを一旦受け止めながら効率よく路面に伝えてくれる感じ。
シャキシャキとしたレスポンスの良さは感じませんが、充分軽やかに上ってくれます。

下りのハンドリングも落ち着いた感じ。扱いやすさを感じます。






コンポーネントは6700のULTEGRA。10速ではありますが変速、制動とも安心感があります。
かつて「カブトガニのよう」と称されたクランクですが、じっくり見てみると上級モデルならではのなかなかの質感を感じます。


2013年モデルと多少年式は古くなりますが、上級コンポーネントならではの落ち着いた操作感、質感
そして8kgを下回る軽さがこの価格で手に入るというのは中古ロードバイク選びの醍醐味と言えると思います。
もちろん【セーフティーメンテナンス1年間無料】で安心してお乗り頂けます!

まだまだ年老いてはいないこの一台、新品で同様の価格のモデルでは決して手に入らない軽さを手に入れる、というのはいかがでしょうか?

店頭に展示してありますのでご来店いただければいつでもご覧いただけます。

COLNAGO (コルナゴ) 2013モデル CLX3.0 ULTEGRA 6700 10S サイズ48(170-175cm)ロードバイクのご購入は
こちら>>https://www.crowngears.com/item/3717004784252