『カンパニョーロ製のスプロケットを取付けました』

〇カンパのスプロケの固定には、campagnoloの頭文字『』と表記されている、
カンパ専用のロックリング回しが必要になります。
シマノ(スラム)用は、SHIAMNOの『』と表記されています。



〇作業の流れ↓
まず、フリーボディにスプロケットをセットしていく前に、わかりやすい位置を一箇所決めます。
そこを基準にして、一枚一枚入れていきます。
途中、スペーサーがありますが、特に向きは無いので、入ればOKです。





最後にロックリングを固定。(締付トルクは40Nm)
固定が終われば、ガタつきが無いことを確認して完成です。



×注意↓
11S用フリーボディに10S用スプロケットを取付ける際、付属のスペーサーを入れ忘れると、
ロックリングをしっかり固定しても、ガタが発生し、変速の不具合の原因となります。


フェイスブックも毎日更新中!