ケーブルアジャスターについて。

アウターの中間にこれを挟むことで、ワイヤー調整を容易にします。
また、手元にこれがあることで、走行中に微調整をすることを可能にします。

↓ SHIMANO ケーブルアジャスター(SM-CA50)


↓ ブレーキ・シフトアウターを、ビニールテープで固定した状態。


アジャスターを取付ける位置を決め、まずアウターをカットしていきます。
アジャスターを中間に挟み、最後にインナーを通していきます。

↓ 取付け後の状態。

このように完成しました。
あと、左右のシフトワイヤーを短く切りすぎてしまうと、
インナーが突っ張って抵抗が増し制動製が落ちますので、
少しクロスするくらいが、インナーの抵抗が少なくて良いと思います。