タイヤには、主にクリンチャーとチューブラーがありますが、
今日はクリンチャーの話を少し。

クリンチャーは、タイヤとチューブから成っている。
ホビーライダーから好まれる理由は、
パンク時のタイヤ交換やチューブ交換が簡単である点が大きい。
欠点としては、リムの構造上、重くなってしまう。
それに比べてチューブラーは軽い。
ただセメントかテープで貼り付け強力に固定するため、安易に交換出来ないのがチューブラーの難点。


基本的にアルミリムはクリンチャーが主流でした。
(またカーボンリムはチューブラーが主流。)



ただ最近では、そのタイヤチューブ交換時の利便性を考慮してか、
ホビーライダー向けに、カーボンクリンチャ-が増えてきています。
まだ使ったことはないですが、いろんなタイヤを試せるという利点を活かして、
今日はこのタイヤ、今度はこのタイヤといった、乗り方の工夫もできそうです。