シフトのインナーワイヤーは
使用に応じて伸びる為、張力が落ちていきます。
すると、チェーンラインがズレて、
カラカラと音が出てしまい、変速に支障が出ます。
その都度、工具を使って調整していては面倒なので、
簡単な微調整ができるアジャスター機能があります。

シフト調整の際、
あらかじめアジャスターを確認します。


車体によって付いている位置は様々ですが、
↓このように金具が見えている場合は…


アジャスターを回し隠します。


↓リアディレーラーのアジャスターも同様に…


これで準備完了。



この状態で、ワイヤーを引張り、
シフトの調整を行ないます。

伸びてきたら、
アジャスターを回して張力を高めて微調整します。