こんにちは
日一日と寒さが増し、ウェア、グローブ、シューズカバーなどもろもろの用意をして乗りに行くのがちょっとだけ億劫になりつつある今日この頃
いかがお過ごしでしょうか?

一年くらい前まではこちらで「エアロ」「コンフォート」「オールラウンド」各モデルの乗り比べをしたりしていたのですが
ここのところご無沙汰してしまっておりました。

しかし「これではいけない、ロードバイク選びの楽しさ、奥深さを皆様にお伝えせねば」
というわけで、まずは当店に数多く在庫している中古ロードバイクの魅力を皆様にお伝えする
「ちょっとだけ中古インプレッション」はじめさせていただきます!


まずはこちら、記念すべき最初の一台
TREK (トレック) 2015年モデル Domane 4.3 ドマーネ4.3 105-5800 サイズ50(167.2-172.2cm)
https://www.crowngears.com/item/3717003852020

先ごろ引退したクラシックレースの王者
TREK Racingのファビアン カンチェラーラ選手からの要望
「快適で、パワーを無駄にすることなく、悪路でも安定したバイクを」
に応えるべく開発されたのがこの「ドマーネ」シリーズ。

ちょっとだけではありますが、千駄ヶ谷、代々木、新宿でその魅力の一端、味あわせて頂きます!

まずは明治通りを新宿駅方面へ。

この「ドマーネ」シリーズ最大の特徴は「IsoSpeedテクノロジー」と名付けられたトップチューブ~シートステイのラインからシートチューブ(サドルからBBまで縦に伸びるチューブ)
を独立させ、シートチューブを可動させることにより縦方向の振動を吸収するシステム。


「IsoSpeedテクノロジー」

明治通りは新宿手前に工事中の部分もあり、基本的に路肩はきめの粗い舗装状態。
走ってみると振動の粒が丸い!正直「効果絶大!」とはっきりわかるほどではありませんが、長距離走行時には確実に「疲労感の軽減」という形で還ってきそう!
思い返すと以前乗ってみたラピエールの「パルシウムUltimate」もこんな感じであった気がします。

都内の大通りは道幅も広く、比較的走りやすくはあるのですが、路肩には路駐が多く頻繁に進路変更をする必要に迫られます。
こんな場合敏感すぎるハンドル特性を持つモデルの場合少しだけ気を遣ったりするのですが、この Domane 4.3はおだやかなハンドリング特性で安心感があります。


長め、なおかつほんのりエアロ形状のヘッドチューブ

また長めのヘッドチューブによる余裕あるポジションはどのようなシチュエーションでも落ち着いてバイクを扱うことが出来ます。
ドロップハンドルの下の部分を握る下ハンポジションでも余裕がありますので、向かい風の中など空気抵抗を減らしたい場合などに長時間下ハンポジションを続けることも出来そうです。


わたしの身長にサドルを合わせると落差はこんな感じ(ほぼないですね・・・)

新宿の北で折り返し、西口を通って代々木方面へ。

やはり都内ですので頻繁に信号で停められます。減速しながらシフトダウンをし、走り出すときにはシフトアップをしていくわけですが、シフトフィールの良さに驚きます!
コンポーネントは105 5800。11速の105です。

ここ最近の、特にカーボンフレームだとケーブルがフレームの内部を通る「ケーブル内装」がスタンダード。しかしこの2015年モデル Domane 4.3はカーボンフレームではあるもののケーブルはフレームの外側に取り回されたケーブル外装仕様です。

しかしこの「ケーブル外装式」にも良好な整備性などの良さがあります。
またこのシフトフィールの良さは「ケーブル外装式」であるからこそ、そんな気さえしてきます。

いろいろと美点を書いてきましたが、もちろん何もかもが素晴らしい!というわけでありません。
信号からのスタートなどゼロ加速時にダンシングで加速しようとすると「打てば響く」という感じではなく、「バイクの振り」にも「実際のスピードの乗り」にもなんというか穏やかさを感じます。

また、現在装着されているブレーキの利きは穏やか。早めにブレーキングすれば問題はありませんが
強い制動感が欲しい場合は換装をお奨めします。

打てば響くような俊敏な加速感はありませんが、長距離を走るといつのまにか速く走れている・・・
F1ではなくアベレージの高い耐久レーサーという感じです!

・どんな状況でも安心できる安定したロードバイクをお求めの方
・力を温存しながら長距離を速く走りたい!という方 におすすめのバイクです!
状態も良く、最初の一台としてもおすすめのロードバイク。


スプロケットは11-32T フロントは50-34T。これであればどんな峠でもほぼ安心です!


やわらかく座り心地の良いBONTRAGER Paradigm
レーパンなしでの試乗でしたが大丈夫でした。

具体的なライダー像といたしましては例えば・・・
「ロングライドメインでレースにはあんまり関心ないけど、仲間内でチームエンデューロには出る機会あるかも。」という方や
「どんな乗り方したくなるかまだ分からないけど、最初の一台に間違いのない、永く乗れるロードバイクを選びたい」という方。

個人的にはエアロなリムハイトの高いカーボンホイールを履かせて
「高速ツアラー」なんていうのも面白いかも、と思います。

店頭に展示してありますのでご来店いただければいつでもご覧いただけます。



TREK (トレック) 2015年モデル Domane 4.3 ドマーネ4.3 105-5800 サイズ50(167.2-172.2cm)のご購入は
こちら>> https://www.crowngears.com/item/3717003852020